COLET(コレット)

シンガポール生活、海外旅行、東京・大阪グルメ、ダイエットなどなど

大失敗しないために!スパラクーアに行く前に知っておくべき5つのこと

      2018/02/10

疲れた〜
平日頑張って働いた分、休みの日はとびっきりくつろぎたいですよね。

そんなときにおすすめしたいのが、都心のリゾートとして人気の後楽園・東京ドームシティにある「Spa LaQua(スパ ラクーア)」なんです。

でも実は、スパラクーアには、きちんと下調べしないで行くと大失敗するかもしれない落とし穴が潜んでいるんです。

デートで行って大失敗! 家族で行って大失敗!しないために、行く前に知っておくべきポイントを5つご紹介します。

別記事でスパラクーアの楽しみ方も紹介しているのでよかったら、こちらもご覧ください。

スポンサードリンク

人気すぎて大混雑!入場制限も

フロントスパラクーアはその人気のゆえ、休日はとくに大混雑です。

フロントは入場・退場どちらもに行列が出来てしまっていて、入るのにも出るのにも少し待つ覚悟が必要です。

また、女性グループやカップルに人気の男女一緒に岩盤浴(低温サウナ)が楽しめる、ヒーリングバーデは入場規制がかかっていることもしばしば。

夕方頃にはだいたい規制が解けるとのことなので、ヒーリングバーデに行くのであれば朝から行くか、規制が解けた夜のタイミングを狙うのがおすすめです。

スポンサードリンク

追加料金がかかって思わぬ金額に!

料金

スパラクーアの入館料はもともと2,634円と安くないのですが、さらに様々な追加料金が発生します。

  1. 休日(土、日、祝日、特定日)割増料金 324円
  2. ヒーリングバーデ利用料 864円
  3. 深夜割増料金(深夜1:00~早朝6:00)1,944円

男女で一緒に楽しむためには、ヒーリングバーデは外せません。

入館料2,634円とヒーリングバーデ利用料864円の合計3,498円です。

土日の場合はさらに、休日割増料金324円もかかって3,822円かかります。

深夜割増料金については、AM1時~AM6時の時間が少しでも重なるとかかってしまうので、夜遅い時間から行く場合などには注意が必要です。

もし、土曜日にヒーリングバーデを利用して、午前1時以降も滞在してしまったら、結構な金額になります。

入館料2,634円、ヒーリングバーデ利用料864円、休日割増料金324円、深夜割増料金1,944円で、合計、一人5,766円です。

ここまで来るとテーマパーク並みの金額ですよね・・

朝までゆっくりするのか、深夜料金がかかる前に切り上げるのか、決めてから行くと失敗がありません。

割引を活用!

割引の種類はいろいろあります。

  1. 文京区民割引
  2. 団体割引(10名以上)
  3. エポスカードの割引

文京区民と10名以上の団体は、割引で入館料が2,268円になるほか、エポスカード会員も2,370円に割り引いてもらえます。

文京区民の方は住所の分かるものを、エポスカードをお持ちの方はカードを持って行くようにしましょう。

 

スポンサードリンク

岩盤浴の営業時間に注意!

スパラクーア男女一緒に岩盤浴(低温サウナ)でリラックスできる人気のエリア「ヒーリングバーデ」は夜中は利用できません。

営業時間は11時~23時30分で、最終受付は22時30分です。

朝までやっているから、夜中から行こう!というときには、ヒーリングバーデは利用出来ないので、注意してください。

プールに水着は必要ない

LaQuaスパラクーアのHPを見ると、プールの写真が載っていますが、このプールは観賞用で入れないので水着は必要ありません

間違っても、ラクーアに行くために慌てて水着を買いに行かないでください。

ヒーリングバーデの利用は専用ウェアが必要ですが、利用料にウェアのレンタルが含まれています。

このウェアですが、半袖にズボンは7分丈と露出は少ないので安心です。

ヒーリングバーデ

タオルや館内着のレンタルも入館料に含まれているほか、化粧水やドライヤーなども完備していますし、シャンプー、コンディショナーも良いものが揃っているので、手ぶらで楽しめます。

持ち物は替えの下着だけでOKです。

家族で行っても入れない!?

スパラクーアは大人のリゾート的な要素が強く、子ども向きのスペースはありません。

まず、小学生未満の子どもは入場できません。安全管理上だそうで、託児所などもありません。

18歳未満の利用は保護者の同伴があれば18時迄利用できますが、最終入館受付は15時なので注意が必要です。

また、小学生の利用には、同性の保護者の同伴が必要です。「お母さんと小学生の息子さん」、「お父さんと小学生の娘さん」では入場できません。ちょっと厳しいですね。

さらに人気のヒーリングバーデも18歳以上でないと利用できないので、お子さんも一緒に家族みんなで低温サウナでリラックス〜♪はできません。

しかしながら、18歳未満の入館料も1836円と安くないので、お子様連れの家族で遊びに行くのにはあまり向いていないと思います。

子どもと一緒ならお台場の大江戸温泉物語がおすすめ

お台場の大江戸温泉物語なら子ども連れで楽しめます。

屋台や足湯など、家族で楽しめる場所があるほか、小学2年生までは混浴も可能です。

料金も4歳未満は無料、4歳~小学生は一律1000円とお財布にも優しいのも嬉しいですね。


シンガポールに住んでいます。

旅行のことをメインに書いてます。

 - 国内旅行・おでかけ, 東京, 美容 , ,