COLET(コレット)

シンガポール生活、海外旅行、東京・大阪グルメ、ダイエットなどなど

【ヨーロッパ旅行ブログ】学生は個人で鉄道周遊に挑戦する価値あり

      2018/02/23

パノラマカー
ヨーロッパを満喫したいなら、鉄道旅がおすすめです!

私は学生の時、2週間でヨーロッパ6カ国15都市を、ユーレイルパスを使って周遊しました。

ヨーロッパへは、旅行会社のパックツアーでも、個人手配でも行っていて、飛行機周遊も鉄道周遊も経験しています。

その中で、私の一番記憶に残るヨーロッパ旅行は個人で全部手配した鉄道周遊旅です。

楽なのは断然ツアーなので、初めてのヨーロッパ旅行を気軽に楽しみたいなら、ツアーをおすすめしています。


とくに海外旅行が初めてだと、ヨーロッパへ個人旅行で行くのは少し緊張するかもしれません。

仕事が忙しくて行きたい場所を調べたり、準備する時間が取れない人も、パックツアーなら出発時間にパスポートをもって空港に行くだけなので安心です。

個人手配で自分好みに旅行をアレンジ!

ツアーではなく、個人だと、航空券も、宿泊するホテルも、現地での移動も全部自分たちで手配しないといけないので、結構大変です。。

でもその分、全部自分たち好みにアレンジできて、予算に合わせて費用を抑えることもできます。

準備は大変だし、現地でのトラブルも全部自分たちで解決しないといけないですが、それも旅の醍醐味!

全部自分たちで行き先を決めて、行き方を調べて行くので、ツアーで連れてもらうのとは比べ物にならないくらい、記憶に刻まれます!

もし、大学生で時間があるなら絶対、個人手配での鉄道旅に挑戦してみることをおすすめします!!!

こちらでは、鉄道で周遊してよかったと思ったことを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

行き先を決めて周遊の移動手段を考える

個人旅行の場合、旅のテーマや行き先を決めたら、移動の手段を考えます。

ヨーロッパ周遊のメジャーな移動手段は、鉄道か飛行機です。

旅慣れした上級者なら、船でのクルーズ旅や車を借りてのドライブ旅、なんかも素敵ですね。

私は最初のヨーロッパ周遊では、ヨーロッパ内の鉄道乗り放題の鉄道パスでの旅を選びましたが、移動したいルートや日程によっては、飛行機のほうが便利でお得ということも多いです。

ヨーロッパは格安航空券がたくさん出ているので、上手くやれば、信じられない安さで飛行機移動できてしまうこともあったり。

「とことんヨーロッパの鉄道に乗りたい!」「鉄道パスで旅してみたい!」

という思いがとくにないなら、 鉄道パスで周遊するより、飛行機と鉄道を上手く利用して旅したほうが移動時間が短縮できて、充実度は高いかもしれません。

スポンサードリンク

鉄道で周遊してよかった5つのこと

飛行機のほうが移動時間は短縮できるとは言っても、私は鉄道での周遊がお気に入りです。

どちらも経験した私が、鉄道での周遊をおすすめする理由を5つ紹介します。

【車窓からの眺めが楽しめる!】

スイス
車窓から見えるヨーロッパの田舎町の風景なんかがとってものどかで癒されるんですよね。

羊や牛がいっぱいいたり、お花畑があったりと風景を眺めているだけでも楽しいです。

飛行機で移動すると、見ることができない、都市と都市の間の田園風景が見られるのは、鉄道旅の醍醐味です。

とくにスイスでは、感動の景色の中を鉄道で駆け巡ることができて、本当に良い思い出になりました。

【駅が街の中心地にあって便利】

空港は郊外にあることが多いですが、鉄道の駅は街の中心地にあることが多いのでとっても便利です。

電車の時間ぎりぎりまで観光ができるので、空港に何時間か前に行かないといけないことと比べると明らかに楽チンでした。

私たちは、どの都市でも、大きな駅の近くに泊まるようにしていたので、荷物を運ぶ必要がほとんどありませんでした!

【途中で寄り道しやすい】

これも、駅が街の中心地にあるからですが、乗り継ぎの2時間で駅の周りを観光したりもできるのは、鉄道だからこそ!

飛行機では空で通り過ぎてしまう、途中の街にも立ち寄ることができます。

郊外の小さな街なんかへも立ち寄ることができたのは、すごく楽しかったです。

思いがけない、聞いたことも無かった駅に宿泊することになったり、色んな出会いがありました。

【夜行列車がすごく使える!】

客室
旅行中、夜行列車にも2泊しましたが、ちゃんと横になって寝られて快適でした。

寝ている間に長距離移動ができるので、時間を有効に使えます。

夜ま遅くで観光して、早朝から次の目的地を観光できるので、少しでもたくさん観光したいなら、夜行バスを活用しない手はないです!

しかも、その日の分のホテル代も浮くので、お金が無い、時間も限られていた私たちにとって、すごく魅力的でした。

【旅での出会いが全て記憶に残る!】

鉄道の乗り方もわからない、英語もそんなに話せないので、不安はいっぱいでした。

実際、乗りたい電車に乗れなかったりもしましたが、それも全部思い返せば、いい思い出になります。苦笑

それよりも、全部自分たちの力で行き先をきめて、行き方を調べたから、ツアーで行くのとは比べ物にならないくらい、たくさんのことを知れました。

何年経っても、降り立った地名や観光地、出来事など、鮮明に記憶に残ります。

日本から現地への移動は乗り継ぎ1回で探そう

現地での移動のほかに、もう一つ大切なのが日本から現地への移動手段です。

日本からヨーロッパへは飛行機で12時間以上かかります。

できるだけ乗り継ぎなしが楽ですが、乗り継ぎを1回挟むだけで、結構航空券の金額を抑えられることが多いので、乗り継ぎ1回の航空券を選ぶことが多いです。

中国の航空会社なども安いものがありますが、せっかくヨーロッパに行くので、できればヨーロッパ系の航空会社を選ぶのがおすすめです。

機内や乗り継ぎ空港からヨーロッパの空気を楽しむことができます。

個人的にはオランダ航空が安く出ていることが多いので、よく利用しています。

エールフランスと組み合わせて利用できるのも便利なんですよね。

シンガポールに住んでいます。

旅行のことをメインに書いてます。

 - ユーレイルパス, ヨーロッパ周遊